JA秋田厚生連 雄勝中央病院

〒012-0055 秋田県湯沢市山田字勇ヶ岡25
TEL:0183-73-5000(代表) FAX:0183-73-3749

トップ - 各種相談窓口 - 医療連携室

医療連携室

はじめに

当院では、高度医療機器などの医療資源の効率的な共同利用を推進し、また、医療施設間の機能連携と機能分担を推進し、もって地域の医療水準の向上に貢献することを目的として、医療連携室を設置しております。


登録医

共同利用施設を利用する開業医及び医療施設等は、予め所定の様式により申し込みいただき、登録医としてご登録いただきます。
登録医としてご登録いただくと
 ①紹介患者さまについて、診療日時を指定した「予約診療」を受けることが
  出来ます。
 ②当院に設置している「高度医療機器」の委託検査を利用できます。
 ③設置を計画している「開放型病棟」を利用できます。
 ④必要に応じて実施する、「症例検討会」に参加できます。


診療予約

登録医より診療予約の申し出があった場合、速やかに診療科で調整を図り、紹介患者様の診療日時をご連絡いたします。
紹介患者さまは、「診療情報提供書」「予約表」「健康保険証」を指定の時間までに、総合受付までお持ちください。


高度医療機器の共同利用

当院に設置するCT、MRI、骨密度などの委託検査をご利用ください。

委託検査の流れ
①FAXにて検査依頼をお願いします。

②放射線部門等と調整の上、指定の日時をFAXでご連絡致します。
検査予約票をFAX致しますので、説明にご利用ください。

③造影剤検査の場合は、造影剤説明(同意書)を使用して患者様に説明・同意を取っていただき、FAXしてください。
詳細は下記をご覧になり、印刷をしてご利用ください。

④MRI検査の場合は、MRI検査 問診および同意書を使用して患者様に説明・同意を取っていただき、FAXしてください。
詳細は下記をご覧になり、印刷をしてご利用ください。

⑤検査当日
患者様が検査予約票、造影剤検査説明(同意書)、MRI検査 問診及び同意書、検査伝票、お薬手帳を持参していただき、来院します。各同意書の確認を再度いたします。

⑥検査終了後
検査結果:CD-Rまたはフィルムでお返しします。読影がある場合は郵送いたします。
読影結果:後日郵送いたします。
(検査内容によっては数日かかる場合もありますのでご了承ください。)


レスパイト入院

レスパイトとは、「一時休止」「休息」「息抜き」という意味です。
在宅療養中の患者・家族が不安なく過ごせることを目的に、短期間(おおむね1週間、最長2週間以内)の入院が利用できます。

 

ご利用可能な方
  1. 「在宅主治医」からの要請があり退院先は自宅の方
  2. 在宅で医療機器(人工呼吸器・喀痰吸引・在宅酸素等)を使用しており常時介護の必要な方
  3. 介護保険によるショートステイが困難な方(寝たきりで気管切開・腸瘻、胃瘻など経腸栄養・在宅中心静脈栄養・褥瘡処置などがある方)

 

ご利用方法

 

  レスパイト入院のお申込、ご相談は、医療連携室までお問い合わせください。

  医療連携室 電話/FAX 0183-73-7005

 

 

さらに詳しい情報・必要書類はこちらからダウンロードをお願いします


開放型病床

開放型病床の設置を計画しております。
当院の開放型病床を利用いただくと、かかりつけの開業医と当院が共同で診療に当たります。


症例検討会

登録医及び圏域内の医療従事者を対象とした症例検討会、研修会等を開催し、地域の医療水準の向上に努めます。


医療連携室スタッフ

室長(医師)  加藤 慎之介
看 護 師   高橋 マキ、石橋 昭子
事 務 員   伊藤 たち子、根元 典子


医療連携室の役割

医療連携室では、紹介診療や委託検査が効率よく行われるために院内外の調整を行い、また、紹介にかかる情報提供や逆紹介がきちんとなされているか管理しています。
詳しくは医療連携室までお問い合わせください。
(電話/FAX 0183-73-7005)



Copyright© Akitakenkouseiren. All right reserved.

このホームページにて配布しているPDFファイルは、Adobe Reader(無料)を使って閲覧することができます。